読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

桑子真帆アナウンサー応援ブログ(非公認)

NHKの桑子真帆アナウンサーを、勝手に応援するブログ(非公認ブログ)です。桑子真帆アナウンサーの出演番組の情報や感想などを書いています。

「ニュースチェック11」2月17日(金)放送分の感想

ニュースチェック11 番組の感想 桑子真帆 NHK 女子アナ ニュースウォッチ9

特集 東・西日本で春一番

 

特集 キム・ジョンナム氏殺害 拘束された女たちは、前日に予行演習か、交流のあった記者は、女2人は”雇われ?””工作員?”、男たちの行方・死因の特定は?、遺体の引き渡しは?、3日連続で国際部の矢野デスクがスタジオに登場してニュースを解説した。

 

社会、国際、スポーツ、科学・文化・トレンド、政治・ビジネス。

 

特集 女性巡査 ディズニーで万引きか。

 

特集 韓国 サムスン電子副会長逮捕。

 

トレンドワード「おかいつ」。

 

特集 「自律型」ロボットで海底資源開発を。

 

別枠 NHK新経営委委員 高橋正美氏に辞令(ツイート表示無し)。

 

地域のニュースは、熊本、小学生が店を出し商売体験。

 

「今日の1曲」は、キャンディーズ春一番」(1976年)。

 

「社会」のジャンルで、鉄道、警察での不祥事のニュースが続き、桑子真帆アナウンサーが「運転士に警察官に、何をしているんでしょうかね」と、珍しくご立腹。

 

しかし、最近、NHKでも職員の不祥事があったばかり、鉄道や警察の不祥事を批判するのなら、身内の不祥事にも触れ、NHK職員としての自戒の言葉が欲しかったところ。

 

今日は、NHK新経営委員のニュースがあったが、相変わらずツイート表示は無かった。

 

ツイッター表示での双方向性をウリに、自由な雰囲気が「ニュースチェック11」の持ち味なのに、どうにもならない「タブー」が存在するようで、違和感を感じるし、番組にとっても、ひいてはNHKにとってもマイナスだと思う。

 

おそらく番組制作の現場では、ギリギリのせめぎあいがあるのだと推察するが、「NHKタブー」を打ち破ってこそ、今以上に視聴者からの支持と共感を、勝ち取ることができると思う。

 

「自律型」ロボットの話題で、桑子真帆アナウンサーが、立ち上がり、模型を使って、ニュースを解説した。

 

桑子真帆アナウンサーの語り口は、やさしく語りかけるような感じで、難解なニュースを、わかりやすく伝えることに成功していたと思うし、桑子真帆アナウンサーと一緒に、知らないことを学んでいるという感じがした。

 

「ニュースウォッチ9」でも、堅苦しくない、視聴者目線での報道姿勢を、貫いてほしい。

 

<おすすめ過去記事>

mahokuwako.hatenablog.com

mahokuwako.hatenablog.com

mahokuwako.hatenablog.com

 

f:id:mu-mu-360:20170218232608j:plain

f:id:mu-mu-360:20170218232740j:plain

f:id:mu-mu-360:20170218232824j:plain

f:id:mu-mu-360:20170218232855j:plain

f:id:mu-mu-360:20170218232930j:plain

f:id:mu-mu-360:20170218232949j:plain

「ニュースチェック11」2月16日(木)放送分の感想

ニュースチェック11 桑子真帆 NHK 女子アナ ニュースウォッチ9

特集 高梨沙羅(20) W杯優勝記録に並ぶ。

 

特集 キム・ジョンナム氏 猛毒「VX」で殺害か?、キム・ジョンナム氏 殺害 男女6人の犯行か?、キム・ジョンナム氏 殺害 猛毒「VX」使用か?、キム・ジョンナム氏 殺害 北朝鮮は?、国際部の矢野デスクが、昨日に続きスタジオに登場してニュースを解説。

 

社会、国際、スポーツ、政治、ビジネス、科学・文化・トレンド。

 

特集 幼稚園配布文書で民族差別的表現か。

 

特集 モンゴル大雪 遊牧民生活に影響。

 

特集 ふるさと納税 返礼品 課題も…。

 

トレンドワード「藤原啓治」。

 

地域のニュースは、岡山、宇宙カレーの試食会。

 

「今日の1曲」は、リンダ・ルイス「スプリング・ソング」(1972年)、ジャーニー「ドント・ストップ・ビリーヴィン」(1981年)。

 

天気のコーナーで、桜の開花予想、九州北部で「春一番」。

 

高梨沙羅選手の快挙を伝えるため、スポーツの大成さんも加わり、3人でオープニング。

 

”携帯電話から五輪メダル”の話題で、「私もよく考えたら、家に眠っている携帯電話が3台くらいあります、出そうかしら」と笑顔。

 

今日、NHKが、4月から各番組を担当するキャスター、アナウンサーを発表する会見を開き、すでに一部で報道されていたが、桑子真帆アナウンサーが、NHKの看板ニュース番組「ニュースウォッチ9」のメーンキャスターを務めること、パートナーは現在「ニュースチェック11」でコンビを組む有馬さんが、スライド起用されることが、正式に発表された。

 

会見の模様は、夕方の「シブ5時」で紹介されたが、「ニュースチェック11」の番組内では、このことに触れず、関連するツイートも採用されなかった。

 

正式に情報解禁されたのだから、関連するツイートは採用しても良かったのではないかと思う。

 

なお、2人が異動した「ニュースチェック11」は、青井実ナウンサーと、報道局の長岡香里記者が担当するとのこと。

 

青井アナウンサーも、親しみの持てる人柄なので、桑子真帆アナウンサーと有馬さんが、ゼロから作り上げた「ニュースチェック11」の、良い部分を継承してくれるものと、期待したい。

 

<関連記事>

mahokuwako.hatenablog.com

mahokuwako.hatenablog.com

mahokuwako.hatenablog.com

 

f:id:mu-mu-360:20170217184948j:plain

f:id:mu-mu-360:20170217185025j:plain

f:id:mu-mu-360:20170217185047j:plain

f:id:mu-mu-360:20170217185149j:plain

f:id:mu-mu-360:20170217185117j:plain

桑子真帆アナウンサー「ニュースウォッチ9」新キャスター就任発表会見(2/16)

桑子真帆 出演番組情報 ニュースウォッチ9 ニュースチェック11 NHK 女子アナ

f:id:mu-mu-360:20170217142628p:plain

  

NHKが昨日(2月16日)、4月から各番組を担当するキャスター、アナウンサーを発表する会見を開きました。

 

すでに一部で報道されていましたが、桑子真帆アナウンサーが、NHKの看板ニュース番組「ニュースウォッチ9」のメーンキャスターを務めることが、正式に発表されました。

 

パートナーは、現在「ニュースチェック11」でコンビを組む有馬さんが、スライド起用されます。

 

なお、2人が異動した「ニュースチェック11」は、青井実アナウンサーと、報道局の長岡香里記者が担当します。

 

 

以下、会見の主な内容です。

 

会見では、息のあった掛け合いで抱負を語る段取りで練習してきたというが、有馬さんが緊張でせりふが飛ぶハプニング。

 

桑子真帆アナウンサーが「2時間早くスタジオに入らないといけないですね」と笑顔を見せ、「『ニュースウオッチ9』を2人で担うことがとてもありがたいことだと思っております」と発した後に、続くセリフを言うはずだった有馬さんが沈黙してしまったのだ。

 

このほんの一瞬の間で相棒のピンチを察した桑子真帆アナウンサーは、すかさず「有馬さん、緊張し過ぎじゃないですか?2人で結構、練習したんですけど…。次の切り返しは『ただね、僕たち2人ですよ』という話の流れですよ」とアシスト。

 

ブラタモリ」などのこれまでのキャリアで培ったアドリブ力を見せ、場の空気を一気に和ませた。

 

さらに、有馬さんも「ただね、僕たち2人ですよ」と忠実に“セリフ”を発して出席者を爆笑させた。

 

有馬さんは「ただね、僕たち2人ですからね。しなやかにやわらかく、新しいことに挑戦するNHKは代表していると思う」とさすがのコンビネーション。

 

桑子真帆アナウンサーは「その日一番伝えたいことを独自の目線で、独自の機動力を持って掘り下げていく番組。それを2人で担うことができるのはとてもありがたいことだと思います」。

 

続けて「私たちって、ご想像するザ・NHKというシャキッとしたイメージにはならないかもしれないです」と“脱NHKニュース”を思わせるような発言も。

 

有馬さんは「大変なことになりました。9時台のニュースは先輩方が大事に育てたブランド。信用を担うのは大変だと思う」と話した。

 

桑子真帆アナウンサーが、新「ニュースウオッチ9」のキーワードは「そもそも」だと言い、「そもそもという言葉にこだわりたい」と有馬さん。

 

ここで、桑子真帆アナウンサーは「一つ心に決めていることがあります。それは分かったふりはしないということ。納得感のある番組にしていきたい。基本に忠実に有馬さんと一緒に1つ1つのニュースを追求していけたらいいなと思っています」と、真摯に意気込みを語った。

 

「ニュースチェック11」を受け継ぐ青井実アナは、「番組の担当を聞かされた時、やりづらいなというのが本心でした。彼女が見せる自然な語り口、上下左右からのカメラからとられる豊かな表情。私は番組のファンでしたし、(桑子アナを見られなくなるのが)残念な気持ちもあります」と感想を漏らした。

 

有馬さんも「桑子さんの魅力は表情の変化が止まることがない。一番の伝え手としての魅力は分かったフリをしない。自然体である」とたたえると、隣で桑子真帆アナウンサーは「照れます」と微笑み返し。

 

桑子真帆アナウンサーは「有馬さんは私の中では知識のかたまりだと思っています」と切り返し、「(私が)わかったフリをしないのは有馬さんがいるからなんですね」と感謝していた。

 

そして、桑子真帆アナウンサーは「強みは2人で伝えることは大事にしてきた。一方的では伝わらないことも、2人で聞き手、語り手になってやってきた」とし、有馬さんとボケとツッコミを入れ替わりやっていいたといい、「キャッチボールをしながら」という新しい番組づくりを誓った。

 

(会見ここまで)

 

 

東京アナウンス室に配属後、わずか3年目でNHKの看板ニュース番組「ニュースウォッチ9」のメーンキャスターに抜てきということもあってか、メディアの注目度も高かったようです。

 

昨日の各ネットメディアのニュースでも、「ニュース7」から「クローズアップ現代+」に移る武田真一アナウンサーと並んで、数多く報道されました。

 

「ニュースチェック11」では自身が掲げたキーワード「脱力系」を見事に具現化した桑子真帆アナウンサー。

 

「ニュースウォッチ9」ではキーワード「そもそも」で、歴史と伝統ある看板ニュース番組に、新風を吹き込んでくれるものと、信じて期待します。

 

桑子真帆アナウンサーが「ニュースウオッチ9」(月~金曜、後9時)に登場するのは、4月3日(月)放送回からです。

 

<会見を伝えるネットニュース記事>

headlines.yahoo.co.jp

mantan-web.jp

www.daily.co.jp

www.nikkansports.com

www.daily.co.jp

 

<関連過去記事>

mahokuwako.hatenablog.com

 

<主な過去記事>

mahokuwako.hatenablog.com

mahokuwako.hatenablog.com

mahokuwako.hatenablog.com

mahokuwako.hatenablog.com

mahokuwako.hatenablog.com

mahokuwako.hatenablog.com

mahokuwako.hatenablog.com

mahokuwako.hatenablog.com

 

f:id:mu-mu-360:20170217142731p:plain

f:id:mu-mu-360:20170217142759j:plain

f:id:mu-mu-360:20170217142946j:plain

f:id:mu-mu-360:20170217142917j:plain

f:id:mu-mu-360:20170217143049j:plain

f:id:mu-mu-360:20170217143153j:plain

f:id:mu-mu-360:20170217143219j:plain

f:id:mu-mu-360:20170217143241j:plain